オタク随筆

映画やドラマを観たり芸術について考えたりコスメを爆買いしたりする。SF小説が好き。美術館や博物館にしばしば出現します。

「東京百景・三十六 † 堀ノ内妙法寺の雨降る夜」を読む

読んでから少し時間が経ってしまったけど、この本のことをふと思い返す瞬間があるので、感想のようなものを書く。2019年6月18日読了という記録が残っていました。

東京百景 (角川文庫)

東京百景 (角川文庫)

 

 知らぬ間に文庫版も出たらしい↑

又吉直樹さんが「火花」で第153回芥川賞を受賞して話題になり、二作目の長編「劇場」が出版され、どんどん映像化されていくのをなんとなく横目で眺めていた。私は本が好きだけれど、流行り物が流行ど真ん中の時期は、たいてい一歩引いてしまう。食指が動かないという感覚だろうか。全く興味がないわけではなくとも、たどり着くまでにかなりの時間を要する。ある日、本屋の話題書コーナーに、上記の二作と共に平積みされていたのが「東京百景」の単行本だった。あまり深く考えずに、既に手にしていた本とともにレジに持っていった。装丁が好みだったから。ビニールカバー、布張りの上製本に題字はラベル。どきどきして家に帰ったら、布とラベルの柄が印刷されたハードカバーだった。

東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

  • 作者:又吉 直樹
  • 発売日: 2013/08/26
  • メディア: 単行本
 

 「東京百景」は、100編のエッセイをまとめたもので、章タイトルのほとんどには都内地名か、目の前の風景が入れられている。著者が眺める東京と生活、日常。実際に体験したことや思ったことなどもコミカルに書いていたり、自虐っぽく書いていたり。私は「又吉直樹のヘウレーカ!」でMCをしているところくらいしか見たことがないけれど、あの人が書いた文章っぽいな、と勝手に腑に落ちた。

100編のエッセイの中で、ひとつだけ、毛色が違う章がある。それがすごく印象に残っていて、それをふとした時に、思い出す。

『三十六 † 堀ノ内妙法寺の雨降る夜』
この章だけ(おそらく)は、著者の視点で語られていたそれまでと違い"村に住む僕"の視点で始まる。この"僕"は、著者なのか、それともこの話における主人公なのかもわからない。
村に来た劇団の公演を"僕"が観る話なのかと思えば、その舞台はタイトル通りに、夜の妙法寺なのだ。エッセイ然としたエッセイ集を読んでいたつもりだった私は、突然あらわれた、荒唐無稽なストーリーに動揺した。幻想的な表現で綴られているのだけれど、「年に一度しか村に来てくれない劇団の公演中になぜ喋るのか?なんの権限があって喋るのか?」という、劇場あるある的心情が書かれていたりするのがシュールだ。わかる。

私はこの章のことを、コンビニの帰り道とか、夕方に家のゴミ捨て場を通り過ぎる時なんかに思い出す。何度も読み返しているわけではないし、オタク的に熱狂したわけでもない。けれど、そういう作品がふと頭をよぎる時、「なんかいいな」と思う。本が好きでよかった。


奇妙な傘、私も欲しい。

 

2020冬の乾燥対策+α

冬です。

f:id:ohayouasadayo:20201104195430j:plain

※これはイメージ画像であり、今年撮った写真ではない

 秋などなかった、冬です。11月は冬です。雪が降りました、やはりこれは冬です。

暖房をつける季節になると、肌の乾燥をひしひしと感じるようになりますね。私の周囲では、既にいたるところで暖房が稼働し始めていて、自宅では暖房と共に加湿器がフル稼働しています。

GO TOキャンペーンが開始されようが、ハロウィンだろうが、私がいくら旅行好きであろうが、まだまだ遊び歩く時期ではない。そうなると、ほぼ家と職場の往復&徒歩圏内の買い出しくらいしか外出する機会がなく、実質引きこもっているのとあまり変わらないんですよね(引きこもり適性がありすぎてNetflixとネット通販で購入した書籍があれば割となんとかなってしまう…)。社交的アウトドア派では無いにせよ、例年なんだかんだとひとりでフラフラと映画やら美術館やら登山やらに行っていました。今年の2月以降は、必需とはいえない、映画館も美術館もショッピングも、全部合わせて片手の指で足りるほどの回数しか行っておらず、新しい生活様式とやらの威力を感じています。

生活スタイルが変化して一年、というところが目前に迫っている。今後、ある日突然スイッチを入れたように、コロナ禍以前の生活に戻ることにはならないだろう、という実感が出てきたタイミングで、『セルフケア(物理)を見直そう!』と一念発起……はしていませんが、じわじわと改善を試みています。ていねいな暮らしはできなくとも良いが、やれる範囲でやっても損はない。

特にこの頃、乾燥対策用のケア用品を入れ替えたり、生活習慣を見直したりと、できることから改善を試みているので、メモがてら書いていきます。今回はとりあえず首から下に塗るグッズと、全身に効果を発揮する系のやつです。

  • 【ケア用品編】
    • ボディクリーム
      • マミー ボディミルクS
      •  ビオレu 角質まで浸透するうるおいミルク 無香料
    • ハンドクリーム
    • 番外
  •  【生活習慣の変更編】
    • 早寝早起き
    • 野菜を摂る
  •  【余談】
続きを読む

ブロークバックマウンテンは夜勤明けに見るべき映画ではないが、素晴らしい映画である。

 映画を観た。

ブロークバックマウンテン(2005) 

 
ずっと気になってリストに入れてはいたのだけれど、実際には長らく鑑賞できていない映画でした。そのものの感想と言うよりは、鑑賞した上で思ったこと、考えたこと。
 

まえおき

映画について話す前に、少し前置きの話をしたいと思う。

近年、ゲイ、レズビアントランスジェンダーをはじめとするセクシュアルマイノリティーを主題とした映画、もしくは主人公やメインキャラクターがセクシュアルマイノリティーとして設定された映画やドラマを『LGBTQ映画/ドラマ』という見出しで見かける機会が多くなった。レインボー・リール東京(2016年"東京国際レズビアン&ゲイ映画祭"から名称変更された")や関西クィア映画祭など、積極的にセクシュアルマイノリティに関する映画の放映機会を作るイベントも各地で開催され、それらのイベントの知名度も確実に上がっているように思う。
その一方で、BL作品の実写化(※同性間の恋愛を主題とするという意味で、ここでは広義のLGBTQ作品として扱います)や、"LGBTQ映画・ドラマ"として制作される一部の作品では、制作関係者やキャストによる、不誠実な言動や配慮不足な言動が表に出て論争が起こったりもしていて、特にここ数年はいろいろと考えてしまうことが増えていた。
 
"LGBTQ映画"という語は、一つのジャンルを表す表現となったように感じる。
 
名前をつけるということは、多くの人に伝わるようにするという行為だ。その反面、実際に使用する側の理解が十分ではないまま、その名前だけが一人歩きするというリスクもある。LGBTQ映画という語を使えば、セクシュアルマイノリティーに関係するストーリーの作品なんだなとひと目でわかる。
この国では、いまだ同性婚が合法化されていない。身近ではないと感じている人も多くいることはわかっている。身近でない立場の人にとってみれば、LGBTQ映画というタグ付は、キャッチーで、センセーショナルで、商業エンタメを作る上で恰好の題材なのかもしれない。
 
ねえ、もうそろそろ2020年も終わるんですが……???
 
めちゃめちゃ誠実に作られていると感じる作品はある。この作者なら安心して観られる、読めると思う作家さんもいる。その一方で『ある属性であるということが(それ以外の属性のための)"消費に使われている””おもちゃにされている"』というような感覚に遭遇することが多くなって、まあまあしんどくなってきて、特に同性愛を主題とした作品は、話題作であってもかなり慎重に選ぶようになっていた。(なお、"ハーフオブイット: 面白いのはこれから"は最高だった。これもそのうち記事が書ければいいと思う

 

ブロークバックマウンテンは夜勤明けに見るべき映画ではないが、素晴らしい映画である

意を決して観ました。ブロークバックマウンテン。しかも何故か夜勤明けに。めちゃくちゃカロリーを消費した気はしますが、とてもよかった。
 
物語は1963年から始まる。アメリカの60年代といえば、様々な人権運動が活発だった時期だ。ゲイ解放運動が行われ始めた時期もあり、69年にはストーンウォールの反乱が起きる。そういった社会背景があった時代の物語として、この映画は描かれている。
 
 観賞後になんとなく作品のWikipediaをひらいたらこんなことが書かれていた。
公開当初は「ゲイ・カウボーイ・ムービー」と評されたりもしたが、監督のアン・リー自身この映画を「普遍的なラブストーリー」と強調しているように、そのテーマが観客に広く受け入れられ、低予算で作られたにもかかわらず、アメリカ国内外で記録的な評価と興行収入をもたらした。-ブロークバック・マウンテン - Wikipedia 

監督が強調したように「普遍的なラブストーリー」だ。決してハッピーエンドとは言えないけれど。どんなに愛し合っていようが価値観が噛み合わない瞬間とか、人間がそこに二人いれば誰にでも起こりうることだ。そういうありきたりなもどかしさが描写されていた。「社会的な性役割を果たさなければならない」という自己の固定観念や周囲からのプレッシャー、価値観の相違、親として果たしたいこと、個人として果たしたいこと。そういう普遍性に、60年代のアメリカで同性同士で愛し合うことによって無条件で背負わされる理不尽なリスクが上乗せされる。それらは、現代よりもさらに濃く、あからさまだ。観ている方も苦しい。苦しいんだけれど嫌いになれなくて、画面を見続けてしまう。そんな感覚を映画で味わうのは久々だった。

美しく純粋なばかりではいられなくて、不格好に傷ついて、不器用に傷つけて、それでも他者と繋がりを持つ。それが人間であるということなんだろうと思う。

 

 

さいごに

現在LGBTQ映画と呼ばれている映画たち(そのほとんどはラブストーリー)が『"セクシュアルマイノリティーの恋愛が"題材だから』と言う理由で、ストレートの恋愛を描く"ラブストーリー”と別のものとして扱われる機会がまだまだ多い。あらゆる恋愛の物語が『ラブストーリー』として語られる日は、いつになるだろう。LGBTQ映画という呼称すら過去のものになる時代が、いつか来るのだろうか。私が生きているうちにそんな世界を体験できるのかもわからない。ブロークバックマウンテンは、ジャックとイニスは、"多様な恋愛模様や人生模様があるこの世界の一部分を切り取った、そのなかのたまたまひとつ"として描かれた。そういうフィクションがこれからももっと増えていけばいい。

私は、ハッピーエンドや勧善懲悪のストーリーをのみ摂取するだけでは生きてはいけない。ポップコーン映画的な純度の高いエンターテイメント作品を無邪気に楽しみたいことはもちろんある。でもそれだけではだめなのだ。

私には、現実や時代や他者と向き合うためのチューナーとなってくれる作品が必要だ。そしてその役目を負ってくれる作品たちは、5年後、10年後に再度鑑賞した時、また新しい発見をもたらしてくれる。ブロークバックマウンテンは間違いなくその役目をまかせたくなる映画だ。数年後、再見した時、私は何を思うだろうか。

2019年鑑賞映画タイトル一覧

※2020/02/13のnoteからのお引越し記事です。メモ用

 

アナと雪の女王

さらば、わが愛覇王別姫

しあわせのパン

ぶどうの涙

ローグワン

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生

ジャスティスリーグ

キャプテンアメリカ THE FIRST AVENGER

マン・オブ・スティー

ワンダーウーマン

キャプテンアメリカ ウィンターソルジャー

キャプテンアメリカ シビルウォー

アベンジャーズ インフィニティウォー

3月のライオン前編

3月のライオン後編

御法度

スパイダーマン:スパイダーバース

ドクターストレンジ

東京喰種

The Death and Life of Marsha P Johnson

劇場版BLOOD-C The Last Dark

AKIRA

虐殺器官

夜明け告げるルーのうた

グッバイ・サマー

人狼(韓国実写版)

ゼロ・ダーク・サーティ

レディ・プレイヤー1

ハリケーンビアンカ

ハリケーンビアンカ ロシアより憎しみをこめて

アナイアレイション−全滅領域−

アベンジャーズ エンドゲーム

アベンジャーズ

アイアンマン

アイアンマン2

マイティ・ソー

オーシャンズ8

裏切りのサーカス

オールドボーイ(パクチャヌク監督版)

セブン

レオン

ウォールフラワー

ダンケルク

イミテーション・ゲーム

LOGAN

親切なクムジャさん

お嬢さん

シークレットウィンドウ

ボーンコレクター

殺人の告白

パッセンジャーズ

黒く濁る村

南極料理人

探偵はBARにいる

探偵はBARにいる2

探偵はBARにいる3

哭声

アクアマン

ゴールデンリバー

キャプテンマーベル

Gifted

サバハ

スノーピアサー

スパイダーマン ファーフロムホーム

ヒットマンズ・ボディガー

Okja

ベイビードライバー

幸福都市

記憶の夜

監視者たち

ファイ 悪魔に育てられた少年

京城学校:消えた少女たち

ゾディアック

晴れ、ときどきリリー

スプリット

工作 黒金星と呼ばれた男

コインロッカーの女

秘密

チェイサー

イカロス

HOT SUMMER NIGHTS

ニューヨーク眺めのいい部屋売ります

ANIMA

僕と世界の方程式

技術者たち

BLEACH(実写版)

永遠に僕のもの

ザ・サイレンス 闇のハンター

るろうに剣心(実写版)

るろうに剣心 京都大火編

るろうに剣心 伝説の最期編

先に愛した人

ミュージアム

二ツ星の料理人

西の魔女が死んだ

聖の選手

ブレードランナー

アベンジャーズ エイジオブウルトロン

アントマン

アントマン&ワスプ

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生

ブレードランナー2049

新感染 ファイナル・エクスプレス

妖怪大戦争(2005)

海月姫(実写版)

うさぎドロップ

TO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ

ダークナイト

ランペイジ 巨獣大乱闘

JOKER

X-MEN  ダークフェニックス

X-MEN

X-MEN2

X-MEN THE LAST SATND

X-MEN FIRSE CLASS

X-MEN DAY OF FUTURE PAST

X-MEN アポカリプス

見えない目撃者(中国版)

HiGH & LOW THE MOVIE 3

メットガラ ドレスをまとった美術館

劇場版 魔法少女まどかマギカ[前編]始まりの物語

劇場版 魔法少女まどかマギカ [後編]永遠の物語

I, TONYA

ウィンド・リバー

アトミックブロンド

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

天気の子

Long Time No see

メソッド

GLASS

グエムル 漢江の怪物

ANEMONE エウレカセブン・ハイエボリューション

バーレスク

シュガーランドの亡霊たち

 
 

映画「ジュラシックワールド」ー映画をどう楽しむか。

※2020/04/46のnoteのお引越し記事です

まじで今更感がつよいですが、映画ジュラシックワールドを鑑賞しました。

図鑑やドキュメンタリー風の映像で観る恐竜は好きなのだけど、ちいさいころからパニックムービーの災禍(これもただしい表現じゃない気もするが)として描かれる恐竜はこわくて、ジュラシックパークシリーズは過去作含め、いままで何度も観ているはずなのに、なにひとつストーリーを覚えていない。

のですが、いいかげん大人になったことだし(?)今ならイケるのではなかろうか。クリス・プラット主演だしな!!!!!というほぼ勢いに近いマインドになったのだ。私の行動はいつも超唐突である。

 

先述した通り、パニックムービーの"恐竜"がこわいためあまり観ない。というのもあるんだけど、パニックムービーというジャンル自体があまり率先して観るジャンルではない。なぜパニックムービーではひとをイライラさせる行動をするキャラクターをフォーカスするんだろう、と脳内で愚痴りつつ、それも物語でリアリティのある人間や人間の愚かさを描写するテクニックなんだよな〜とか思ってる。知らんけど。

ジュラワも中盤までは、パニックムービーあるあるのイライラとハラハラと恐竜怖いが畳みかけてきて爆発しそうになったんですが、なんか気づいたら食い入るように観てた。いや、やっぱりあの人工恐竜インドミナスは死ぬほど怖いのだけれど…

ラプトルとオーウェンの描写は逐一心を掻き毟られそうになった。異種間の信頼関係や繋がりみたいなものを描く物語は結構あるけど、これからも一緒さ!ハッピーエンド!!!みたいなやつの場合はなんか無条件にほっとしますよね。どれだけご都合主義だと言われようがさ、ランペイジとかめっちゃいいじゃん。この作品はそうじゃなくて、お互いに関係を築いたけど、種族の違いは深い谷のように存在していた。それは環境的なものだったり、一時人間を襲ったという事実ができてしまったことだったりで濃く眼に見えるようになった。それをオーウェンは、そしてブルーもそれぞれにわかった上での別離だったように感じました。オーウェンの、人間としてできる最大限の良い別れ。

続編では幼体のラプトルが出る?っぽいし、そうじゃなくても気になるので観てみようかなと思います。

ところで、ラストの避難所のシーンで、「私たちどうしたらいいの?」と問うクレアにオーウェンは「一緒にいよう、生きていくために」みたいな感じで答えましたけど(英語の意訳だから字幕とも吹き替えとも違ってると思うんでもし合ってなかったらすまん)、なんかまじそれなという感じだったんですよね。インタビューとか読んでいないし、ジュラシックワールドがどんなテーマで作られた作品かはっきりとはわからないんだけど、これを言わせたかった(言いたかった)んだろうなあと、なんとなく思った。人と人が一緒にいる理由は、友情であったり、恋愛関係であったり、家族であったり、それは当人たちがいいものと感じているかそうでないと感じているかを問わず、たぶん無数にある。それぞれがどう感じていようが、人と人が寄り添ってしまう、何かしらの関係を築きながら生活してしまうその際たる理由は、”ただ今わたしたちが生きていくため”なのかも。

唐突に話が変わりますが、序盤〜中盤で観てるのがしんどい映画をラストまで鑑賞しきることはそんなに多くない。今回はラストまで観ることができたけど、だからって全肯定で手放しに拍手喝采面白かったね!!!!となれるわけじゃない。ラストまで行けないままギブアップしちゃう作品だってあるし。

でも、それでいいんじゃないか?

最近はそう思えるようになりました。

何かを好きだからといってその”何か”の隅々までを好きでいなくちゃいけない理由はない。

ポジティブな感情を持ったシーン、ネガティブな感情を持ったシーンそれぞれに、自分はどうしてそう思ったのか。そのシーンのどんなところにそう感じたのかを考えて、紐解いて、今の自分を見つめる鏡になってくれる映画というものが、心底好きです。